ゆめ塾活動報告

【しごとづくり学】

投稿日:

こんにちは!ゆめしまみらい塾の板倉です!

春らしい暖かい日差しの日が続いていますね。
そんな行楽日和の週末でしたが、私は松山のサイボウズオフィスにてセミナーを受けてきました。その名もStartup Weekend えひめ!

金曜日の夜から日曜日までの54時間で、仲間づくりをしながら起業のアイデアのプロトタイプを作りあげるタフな取組です。

持ち込みのアイデアをプレゼンした後にチーム作りをして初日は終了!

2日以降はアイデアを出して形にしていきます。 チームでアイデアを出し合うのが楽しかったはずなのに、形にする段階で大きく躓いたり、メンバー同士で意思の疎通が出来ていない事に時間が経って気づいたり・・・深い議論により自分に足りないものを痛感したり、 かなり精神的に追い込まれていきました。結果としては、私のチームは大いに苦しみながらも、チームのみなさまのおかげで、素敵な資料とプレゼンができました!

起業の大変さを知る一方で、起業=超エリートの人が時間やお金をかけて始める、というイメージが崩れて起業というものを身近に感じることができました。

この取り組みに参加して改めて感じたのは、起業は課題解決の手段であって目的ではないということ。今、「誰」が「何」に困っいてor問題があって,
「どんな風」に解決したいのか?これが課題解決のスタートなのだということ。

そして!驚いたのは本日の藤岡先生による弓削高校のしごとづくり学の時間!
本日はワークでまさしくこのテーマを扱っていたことでした。

人の悩み・問題・欲求の分だけ仕事や職業がある。

そして仕事・職業は創れる!

起業するタイミングは人それぞれだと思います。
企業で働いてから、大学で学んだことで得た能力で、よりよい社会になるための課題を解決する方法を見つける人もいるでしょうし、
もしかしたら、高校生の間にも課題を見つけてその解決方法を考えることもできるかもしれません

31歳が週末に身をもって感じたことを高校1年生が学ぶことができる!!高校生の時には仕事のことなど一切考えたことのない私からしたら衝撃的な授業でした!

社会が大きく変わり、今の高校生が社会人となる時には今の当たり前が当たり前でなくなっている事でしょう。新しい地域や社会の課題が出てくるでしょう。そんな時に自分がもつ課題解決の手段として、生徒達には「しごとをつくる」という目線を持っていてほしいと思います。

-ゆめ塾活動報告
-,

関連記事

【教育現場でのオンラインツール活用術】

こんにちは!ゆめしま未来塾の田邊です。新学期が始まりすぐに緊急事態宣言が出され、完全休校により生徒の皆さんは通学できなくなりました。また先日、5月11日まで休校期間が延期になるという発表がなされました …

【第2回おとなるゼミ 異文化理解】

こんにちは!本日のブログは、先日5月29日に行われた第2回おとなるゼミの様子についてのレポートです! まず、いきなりゲームを始めます!! そのゲームの名は バーンガ! 以下,ルール説明です。 基本的に …

【1人1デバイス授業】

こんにちは。ゆめしま未来塾 田邊です!5月31日に梅雨入りが発表されましたが、5月の梅雨入りは2013年以来の7年ぶりだそうです。梅雨が明けると熱い夏がやってきますね~。関西に住んでいる頃は人混みと同 …